収益物件を購入するヒント|確実に利益を得る方法

男の人と女の人

親がいなくても借りられる

レディ

今までは不動産物件を借りたり、購入したりする時は必ず連帯保証人が必要でした。その理由として、入居者が家賃を滞納し、連絡が取れなくなった場合に連帯保証人が変わりに家賃代などを支払う義務が発生するのです。しかし、現代では人間関係が希薄になり、親がいない場合などは保証人を探すだけで精一杯となっているのです。そういった方々のために、賃貸保証会社というシステムが設立されているので、知っておくといいでしょう。賃貸保証会社は、保証人がいない人の代わりに、連帯保証人になってくれることをいいます。しかし、これを利用するには通常の家賃分の費用の他に、賃貸保証会社を利用する手数料を支払う義務が生じます。また、これを利用する場合、更新料が必要になるので、契約をする際によく説明を聞いておくといいでしょう。

いくら賃貸保証会社といっても、全ての人の肩代わりをしていては、トラブルに巻き込まれる場合があるため、落とされる可能性もあるのです。しかし、賃貸保証会社を通過するコツさえ知っておけばマンションやアパートを保証人なしでも借りることができるようになるでしょう。例えば、転居をする際に理由を聞かれることがりますが、それをうやむやにすることなく明確な意思を持っていることを伝えるだけでも好感度がアップします。他にも、無職であっても家賃を払えるだけの蓄えがある場合には、通る可能性があるので、トライしてみるといいでしょう。住所不特定ですと、仕事を見つけることもままならないので、このようなことを踏まえて賃貸保証会社に出向くのが賢明です。